インタビュー

移住者ストーリー Vol.1 (前編)

岩城島移住の先輩
しましま農園 代表 原田広志(はらだ・ひろし)さん

 

青い海の見える畑で

南向きのその畑からは青く澄んだ海が見えました。原田さんはここで、野菜と果樹を露地栽培しています。「しましま農園」──それが原田さんの屋号です。京都出身の原田さんが岩城島に移住し農業を営むようになってから5年目の春がやってきます。原田さんは毎日畑にやってくると、必ずすべての野菜や果樹の様子をひとつずつ見て回ります。

 

 

園地の総面積は1町8反(約17,850平方メートル)。虫がついていないか、葉や実の色はどうか、水は足りているか。まるで一つひとつの作物とコミュニケーションするように、じっくり時間をかけて歩いて回るのです。

 

 

自分がしたい仕事をするために

原田さんは京都出身。お母さんが岩城島、お父さんが近隣の広島県尾道市生口島の出ということで、幼い頃から島には親しんできました。大学では農学部の環境化学研究室で学び、卒業後は交通系企業のサービス品質を管理する会社に就職、4年間勤務しました。「当時は会社を良くしようと考えて頑張っていたけれど、会社にはそうでない人もいましたから、周囲との温度差が気になって(笑)」そう気付いて、自分がしたい仕事をやろう、と決心。幼い頃から生口島のおばあさんのみかん畑で遊び、農業が身近で親しみがあった原田さんは会社勤めの合間に農業の本を読み、程なく小さな土地を借りて家庭菜園も始めました。

 

 

実際に農業を体験してみると面白くなり、平日は会社で勤務、土日に有機農法を学ぶ農業学校に通うようになります。1年そこで学んだあと務めていた会社を退職。将来の本格就農に向けて、有機野菜を扱う八百屋「坂ノ途中」の自社農園「やまのあいだファーム」や、イチゴ・九条ネギなどを慣行農法(化学肥料や農薬を使用する一般的な農法)で生産している「渋谷農園」で修行。「そのようにしていく中で、畑をすることが自分にとって人生で一番時間を使いたいものだと確信したんです。」と原田さんは微笑みます。

 

 

農業を生業にするなら、暮らす場所は生まれ故郷の京都、または、ルーツのある岩城島や生口島のどれかと考えていた原田さん。上島町に地域おこし協力隊(上島町では島おこし協力隊という名称)の制度があり隊員を募集していたことから原田さんは岩城島を選び、2016年11月に岩城島へ移住しました。協力隊員として町内の農家でのお手伝いを通して島の農業を学びつつ自らの生き方も考える1年間を過ごし、17年11月に協力隊を卒業。現在(2021年3月)は農業次世代人材投資資の給付を受けながら、農家として独り立ちしていくための大切な期間を過ごしています。

 

―移住者ストーリー Vol.1(後編)につづく

 

[移住メモ]

岩城島は農業と造船の島。瀬戸内海の温暖で穏やかな気候を利用して、古くから柑橘類の栽培が盛んです。昭和後期にレモン栽培が導入されて以降、国産レモンの有力な産地のひとつとして「青いレモンの島」というニックネームで知られています。

[参考リンク]

しましま農園 直販サイト https://shimashimano.thebase.in

インスタグラム https://www.instagram.com/shimashimanouen/?hl=ja

 

Text & Photo: Shuhei Miyahata [Setouchi Editorial Institute]

上島町の関連するかもしれない情報

10月15日(土)「四国暮らしフェア2022 in東京」に参加します!
10月8日(土)「中国 四国もうひとつのふるさと探しフェアin大阪2022」に参加します!
上島町 パートタイム会計年度任用職員(調理員・運搬補助員)募集について
タグ: ,

2022年09月07日

上島町 パートタイム会計年度任用職員(図書登録作業員)の募集について

2022年09月07日

空き家
# 114 立石港のすぐ近く。新旧家屋あり。 @生名島

2022年08月10日

上島町でいま話題タグ